読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人から始めるバドミントン

社会人からバドミントンを始める方向けのサイトです。

1バドミントンをやってみよう!

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックの女子ダブルスで高橋松友(通称:タカマツ)ペアが優勝しました(/・ω・)/

テレビでバドミントンを観戦して、「バドミントンやってみたいなぁ~」と、思った方もいらっしゃるのかもしれません。最近バドミントンを始めている人が増えたような気がします♪バドミントンをやってる身としてはバドミントン仲間が増えることはうれしいことですね(*'▽')

バドミントンを始めてみたいけど「中学生の時に体育でやったことあるだけだし・・・。」とか「最近運動してないし、体動かないだろうなぁ~・・・。」と、やってみたいけど最初の一歩が踏み出せないそこのあなた!!(σ・ω・)σビシッ!!!

やるだけやってみましょう♪

やってみて合わなかったらやめればいいんですd(・・)

 

〇バドミントンするのに必須の道具

必要な道具は運動用の内履きだけです('ω')

え?と思うかもしれませんが、シャトルは体育館で購入することができますし、ラケットは大抵の体育館で貸出しているはずです。靴がないなら買って、靴があるならとりあえず準備完了です!次のSTEPへ!

 

〇誰とバドミントンする?

1. 友達や家族等

2. 社会人チームの練習に突撃!!(つまり初対面の方々)

気軽に遊ぶことのできる友達や家族、仕事仲間や彼氏・彼女がいる場合は「バドミントンしよ~!」と誘って一緒に遊ぶ方がハードルが低くて簡単だと思います。友達とやってみて、楽しい!もっとやりたい!もっと強くなりたい!と思ったら二つ目の選択肢にも挑戦しましょう(/・ω・)/

「え?俺友達いないんだけど...。」とか「初心者だしバドミントンしてるところを友達に見せたくない!」とか事情がある場合は二つ目の選択肢、社会人チームの練習にLet's 突撃!

社会人始めでも、「バドミントン上達したい!」と、思って頑張って練習すれば、ある程度は上手くなることができます!ただ、そのためには社会人チームの練習の参加は必要になってくると思いますし、そちらの方が中級者・上級者と関われる分上達しやすいと思います。友達がいなくて2.の選択肢しかない人は「1.の選択より上達早くなるならラッキー☆」くらいの気持ちで練習に参加してみましょう(^^♪

社会人チーム練習への参加の仕方は次回説明しようと思います。

それではまた。